1. HOME
  2. 診療内容
  3. 歯が抜けてしまった、入れ歯をつかっている

歯が抜けてしまった、入れ歯をつかっている

歯が抜けてしまった、入れ歯を使っている…という方へ

ブリッジ

1~2本、少数の歯を失った時、その抜けてしまったところは両隣の歯を削って、ダミーを介して、冠をかぶせることによって、つなぎます。取り外しの必要がない、かぶせ物です。

【ブリッジの利点】
  • 入れ歯と比較して、違和感が少ないです。
【ブリッジの欠点】
  • 両隣が虫歯のない健康な歯であった場合も、冠が入る分だけ削らなくてはなりません。
  • 失った歯が本来受けるかもしれない力を、両隣の歯で負担する必要があります。
  • つながっているので清掃がしづらいです。

※失った歯の本数によって費用は変わります。

▲このページのトップへ

義歯(入れ歯)

【義歯の利点】
  • 健康な歯をほとんど削らなくてすみます。(金具がかかるところを少し削る必要はあります)
【義歯の欠点】
  • 違和感が比較的大きいです。
  • 金属のバネが見えるため、見た目にはよくありません。
  • バネがかかる歯に大きな負担がかかります。
  • 噛む力が弱く、硬いものが食べにくい場合もあります。
保険義歯と自費義歯

更に入れ歯は、保険入れ歯と自費入れ歯に分かれます。それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。
費用面と機能性の折り合いを考え、最適なものをご選択ください。

  保険入れ歯 自費入れ歯
メリット
  • 費用が抑えられる
  • 使用できる素材、方法が豊富
  • 自然な装着感と見た目を追求できる
デメリット
  • 使用できる素材、方法が限られる
    (主な素材であるレジンは、熱を伝えにくく、食事の温度や味を感じにくい)
  • 衝撃によって割れやすい
  • 保険のものに比べ費用が高くなる

▲このページのトップへ

インプラント

【インプラントの特長】
  • 両隣在歯を削らずにすみます。
【インプラントとブリッジ・入れ歯の違い)】
■インプラント手術手順(2回法の場合)
歯ぐきを開き、骨の中に人工歯根部を埋め込みます。
人工歯根部に力をかけず、骨としっかり結合するのを待ちます。
人工歯根部が骨と結合したら、人工歯を取り付けるための部品を連結し、歯ぐきから露出させます。
歯の形や色などを決めて補綴物が完成したら、アバットメントに装着し固定します。

ご予約・お問い合わせを承っております。お気軽にご連絡下さい。