1. HOME
  2. 診療内容

虫歯治療

なるべく歯を削らない、侵襲の少ない治療を行っています。時には、全く歯を削らずに観察とする場合もあります。
より客観的に虫歯診断を行うために、当院では時にレーザー診断器を用いて説明を行ったり、見えにくい場所の虫歯、磨かなければならない部位などについて、小型カメラを用いてモニタリングするなどして、より分かりやすく説明を行うように努めております。

虫歯治療についてはこちら

▲このページのトップへ

歯周病治療

歯槽膿漏とは多くが慢性的に、つまり自覚しないうちに進行していく歯の周りの病気です。その進行の度合いを数値化(歯周ポケットなど)することによって、分かりやすくその病理を説明します。虫歯がなくても、歯がぐらぐらになって失うことになる場合があります。
当院では、大切に歯を管理する方法をしっかり説明いたします。いっしょに一本でも多くの歯を残すよう努力していきましょう。

歯槽膿漏についてはこちら

▲このページのトップへ

小児歯科

お子さまの健康を守るため、口の中の病気の診断やムシ歯治療の方針を立て、歯が生えはじめてから、ほとんど大人の歯に生えかわってしまうまでの口の中の健康管理をします。
こどものムシ歯は、こどもの将来の生活に大きく影響します。将来のいろいろな悪影響をさけるために、予防処置を行い、ムシ歯の早期発見、早期治療をし、お子さまの歯の健康管理をしていきます。

▲このページのトップへ

口腔外科

むし歯や歯周病治療といった一般歯科に加えて、口の中とあごの骨、関節、唾液(だえき)をつくる腺やその周りの病気を治療対象とし、話をしたり、物を食べたりする「口の機能」を維持増進することを目的としています。

▲このページのトップへ

インプラント

歯を失ったとき、そこにはなんらかの処置が必要となります。
たとえば、入れ歯、ブリッジ(橋のように2本あるいはそれ以上の歯を使って失った部位を回復する)などですが、これらには健全な歯を削る、入れ歯を保持するバネのようなものがみえる、装着感が悪いなどの欠点が多くあります。
そこで、近年歯のない部位に、人工歯根を埋め、咀嚼機能を回復する治療が大変多くなってきました。
それがもう一つの歯といわれるインプラントです。入れ歯で苦しむ時代ではもうないのです。

インプラントについてはこちら

▲このページのトップへ

ホワイトニング

歯を美しく、口もとを美しくみせることは、欧米では常識と考えられています。就職のため、出世のために口もとをきれいにする人も少なくないのです。
上記のような、矯正歯科、セラミック修復、歯肉整形そしてホワイトニングなどを応用し、美しい口もとにすることは大変簡単になりました。

ホワイトニングについてはこちら

▲このページのトップへ

義歯(入れ歯)

失った歯の機能を取り戻す手段として、昔からよく使われているのが入れ歯。
多数の歯を失った時、歯と、歯のないところの粘膜で支持させる方法です。
入れ歯にも種類があり、すべての歯を失った場合に用いる「総入れ歯」と、部分的に失った場合の「部分入れ歯」があります。
部分入れ歯の場合には、残っている歯のいくつかに金属のバネをひっかけるようにして入れ歯が動かないようにします。

入れ歯の種類についてはこちら

▲このページのトップへ

予防歯科

虫歯は必ずしも痛いとは限りません。痛くなくてもたいへん進行した虫歯を多く目にします。痛くなる前に、早期に治療することが大変重要です。また、定期的な検診によって、虫歯ができにくいお口の環境を作り、虫歯を作らない歯にしていくことはさらに重要です。

ご予約・お問い合わせを承っております。お気軽にご連絡下さい。